白いスープの魔力

 肉料理に胃が疲れてきた我々一行は翌日の昼に鐘路にあるソルロンタンで有名な「里門ソルロンタン」に行きました。老舗のつくりで昼時間が過ぎていて数組のお客さんがいましたが、比較的透いてる感じでゆったりと食べれました。
 
 運ばれてきたソルロンタンは真っ白で、底が見えない状態で肉類独特の臭みはありませんでした。テーブルの上のネギをたっぷり入れて一口・・・「うまい!!」 こくのある味わい!パプを入れて食べるとまたこれがうまい!!素麺も入っていてこれまたうまい!塩で各自なりに味付けをして食べると、肉料理や辛いもので疲れた胃にやさしく、するする入っていくようでスッカラが止まりません!!^^

 あとから分かったことですが、地元の方々は据え付けのカクテギの汁をソルロンタンの中に入れて食べるとこれがまたさらにマシッソヨ!だと言うことでした。次回はぜひ試してみようと思いました。
a0118991_1512216.jpg

[PR]

by pososiroyo | 2009-03-03 01:50 | 食べ歩き  

<< 辛いの辛くないの?! またまた肉肉! >>